転職を有利に運ぶために。薬剤師の専門性を活かす資格取得の“ススメ”

資質向上が求められる「これからの薬剤師」に不可欠となるものの一つに、プラスアルファの資格が挙げられます。今後、資格取得を目指している方、是非参考にして下さい。

生涯研修認定薬剤師  ※薬剤師認定制度認証機構
一定期間内に集合研修や自己研修などにより、定められた単位を取得し、生涯にわたる自己研鑽により資質向上の努力を継続している薬剤師に対して、財団法人日本薬剤師研修センターが認定薬剤師証を発行し、その成果を証明する制度。薬剤師として必要な責務を全うするために、生涯にわたって研修等による薬剤師の自己研鑽を目的とするもの。全職域の薬剤師が自らの責任で、薬剤師免許を持つにふさわしい資質を維持するための生涯研修をバックアップし、その成果を客観的に認定する。
日本病院薬剤師会 生涯研修認定薬剤師
病院薬剤師の研修への意欲を増進させ、その倫理的及び学問的水準を高めるための研修に参加した成果として認定される。
日本医療薬学会 認定薬剤師
薬の専門家として広い知識と錬磨された技能を備えた薬剤師として、より有効で安全な薬物治療を提供し、医療薬学の普及向上を図るための認定資格。
日本臨床薬理学会(JSCPT) 認定薬剤師
教育・治験・薬物治療コンサルテーションなどに関して臨床薬理学の専門家と呼ばれるにふさわしい広い知識と錬磨された技術、実力を持つ薬剤師を認定するもの。
Master of Clinical Science (MCS)
質の高い臨床試験を遂行する上で必要となる知識・技術を身に付け、遂行できると判断された医師、歯科医師、看護師、薬剤師、検査技師、放射線技師及び栄養士に対して認定。
漢方薬・生薬認定薬剤師
漢方薬・生薬に関する専門的知識を修得し、能力と適性を備えた薬剤師であることを認定するもの。漢方薬・生薬認定薬剤師は、専門業務分野においてあるレベル以上の能力と適性を持っていることを試問等により確認し、その能力を証明された薬剤師。
日本医療薬学会 指導薬剤師
平成18年度より発足した新しい薬学教育制度により、必須となった薬学生の実務実習を指導する薬剤師。認定薬剤師の認定資格を得るために指導に当たる薬剤師として、認定薬剤師の中からさらに高度の資格を備えた方に対して、審査の上、認定される。
日病薬 認定指導薬剤師
平成18年度より6年制薬学教育課程がスタートしたが、平成22年度からは参加型実習の適正な実施を通じて、医療人として相応しい問題解決能力を有する薬剤師を養成するために行われる長期実務実習にあたって、実務実習の質を確保する観点から、実務実習を行うに相応しい施設において、十分な指導・監督を行うに必要な資質を有する薬剤師が認定を受けるもの。
がん薬物療法認定薬剤師
感染制御認定薬剤師
精神科薬物療法認定薬剤師
妊婦・授乳婦薬物療法認定薬剤師
HIV感染症薬物療法認定薬剤師
各専門領域で、他の医療職とチームを組んで患者の治療やリスクマネージメントとして医療に貢献するための能力を保証する。講習会への参加や薬剤管理指導の症例数を満たすなどの一定条件をクリアし、推薦を受けて認定される。この認定薬剤師を経て、さらに専門性の高い専門薬剤師(スペシャリスト)への道が開かれる。
がん専門薬剤師
感染制御専門薬剤師
精神科専門薬剤師
妊婦・授乳婦専門薬剤師
HIV感染症専門薬剤師
特定の領域について、高度な専門能力を習得したことを証明する専門領域認定制度。各専門領域で、他の医療職とチームを組んで患者の治療やリスクマネージメントとして医療に貢献するための能力を保証する資格。研修認定薬剤師から各領域の認定薬剤師へ、そしてさらにステップアップすることで専門薬剤師として認定されるもので、専門薬剤師は、各領域における薬物治療のエキスパートであるとともに、その領域における臨床的、教育的な指導者であることが求められる。
緩和薬物療法認定薬剤師
緩和医療に関する知識、技術を向上し、高いレベルの緩和医療を医師、看護師とともに患者様に提供する薬剤師の認定資格。
緩栄養サポート専門栄養療法士(NST専門療法士)
日本静脈経腸栄養学会が、静脈栄養・経腸栄養を用いた臨床栄養学に関する優れた知識と技能を持つ栄養士、薬剤師、看護師および臨床検査技師を対象に認定を行う資格制度。本認定資格を有する薬剤師を「NST専門薬剤師」という。
糖尿病療養指導士認定制度
日本糖尿病療養指導士は、糖尿病とその療養指導全般に関する正しい知識を有し、医師の指示の下で患者に熟練した療養指導を行うことのできる医療関係国家資格従事者に対し、日本糖尿病療養指導士認定機構が与える資格。
栄養情報担当者(NR)
健康食品等に関する正確な情報・知識を有し、「NR(Nutrotopmal Representative)」の名称を用いて、消費者に対して、健康食品等に関する適切な情報を提供することを主な業務とする独立行政法人国立健康・栄養研究所の認定資格。
介護支援専門員(ケアマネージャー)
要介護者等からの相談に応じ、要介護者等がその心身の状況などに応じた適切な居宅サービス又は施設サービスを利用できるように介護サービス計画(ケアプラン)を作成し、居宅サービス事業者等との連絡調整などを行う。
治験コーディネーター(CRC)認定資格
日本SMO協会や日本臨床薬理学会、SMOネットワーク協同組合などの学会、団体などが独自にCRC資格認定のための試験を実施している。治験実施医療機関にて治験責任医師または治験分担医師の指導のもとにこれらの医師の治験に係る業務に協力し、また、治験が円滑に行われるように、治験に係わる事務的業務、治験に携わるチーム内の調整業務などを行う。
治験プライマリ・ケア認定薬剤師
日本プライマリ・ケア学会が認定する地域医療の専門資格。地域を基盤として、継続的に展開される包括的、ならびに全人的なプライマリ・ケアについて、その知識、技能および態度を修得するためにプライマリ・ケア領域の研修を受講し、所定の単位を修得すれば、プライマリ・ケア認定薬剤師として認定される。プライマリ・ケアは幅広く国民の健康福祉に関わるあらゆる問題を総合的に解決していこうとする地域での実践活動の意味で、医師、歯科医師、薬剤師、看護師、介護職、福祉職などが参加し、多職種が同じ席に着き一緒に考え活動するための学会である日本プライマリ・ケア学会の研修によって、プライマリ・ケア能力、つまり患者を総合的に見て必要な対策が取れる能力、多職種と連携する能力などを高め、地域における薬剤師の役割が広がるものと期待されている。
スポーツファーマシスト
ドーピング防止活動に関する正確な情報・知識を持ち、競技者を含めた一般の人に対し、ドーピング防止に関する適切な情報を提供する。
日本褥瘡学会認定師
褥瘡に関する予防、医療の進歩を促し、褥瘡医療の水準を向上させるために、所定の課程を修了し、褥瘡の予防、医療を実施するための適切な知識、技術を持つ医療関係国家試験資格者(医師、看護師、薬剤師、管理栄養士、理学療法士、作業療法士)に対して認定する。
日本化学療法学会 抗菌化学療法認定薬剤師
抗菌化学療法(抗ウイルス薬、抗真菌薬も含む)に関する十分な知識及び技能を有する薬剤師を認定する。
日本禁煙学会認定指導者
禁煙に対する知識と禁煙指導に関する技能を持つ医師、看護師、薬剤師等に認定するもの。
日本更年期医学会認定薬剤師
更年期医療における薬物治療の視点から、医師と薬剤師が相互理解を深めることにより、医薬品の適性使用を推進する更年期医療における薬剤師の専門家に与えられる認定資格。
人間ドック検診食生活改善指導士
医療関係国家資格保持者(看護師、栄養士、歯科医師、薬剤師、助産師、準看護師、歯科衛生士)が対象。「特定保健指導」を行うにおいて、食生活の改善指導に関する専門的知識と技術が必要。
健康運動指導士
保健医療関係者と連携して安全で効果的な運動を実施するための運動プログラム作成及び実践指導計画の調整等を行う。
健康運動実践指導者
個々人の身体状況に応じた安全で効果的な運動を実施するための運動プログラム作成と指導に加え、生活習慣病にかかる可能性のあるハイリスク者への個別指導・健康支援を行う。
食品保健指導士
消費者が健康食品について正しく理解し有効に利用できるようにするために、適切に相談に応じられる専門家。栄養士、薬剤師などの資格を持った方や、資格のない方でも一定の受講条件を満たした方が、財団法人日本健康・栄養食品協会が行う講習を受け、認定試験に合格すれば食品保健指導士として認定される。
サプリメントアドバイザー
「特定非営利活動法人NHPI認定機構」「日本サプリメントアドバイザー認定機構」「米国ISNF認定」などの認定資格がある。保健機能食品やサプリメントについて、専門的観点から個人個人の栄養状態を評価し、適切にアドバイスを行う。
ヘルスケアアドバイザー
日本チェーンドラッグストア協会(JACDS)の認定資格。病気や薬・栄養・食事・運動・環境など生活全般に関わる正しい知識を習得し、健康の維持・増進や、生活習慣病を中心とした慢性疾患などの予防や改善について、適切にアドバイスできる人材として注目を集めている。
ビューティケアアドバイザー
日本チェーンドラッグストア協会(JACDS)の認定資格。美容や応対に関する基礎知識と技術を学び、より美しく快適な生活をするために必要な美容に関する幅広い要望や悩みに、適切にアドバイスを行う。
アロマセラピー関連資格
アロマコーディネーターや、アロマセラピストなど、アロマセラピーに関する認定資格は多数ある。
認知症サポーター
認知症について正しく理解し、認知症の人に対する接し方を学んだ人が、生活のさまざまな場面で、認知症の人およびその家族をサポートする。各地域で開催される「認知症サポーター養成講座」を受講すると、認知症サポーターの証としてオレンジリングと呼ばれるブレスレッドが授与される。
薬剤師キャリアコンサルタント メンバー紹介

フロンティア薬局フローチャートにチャレンジ!あなたはどのタイプ?メディカル・プラネットのお得なポイントM-POINT医療系総合転職情報サイト メディプラ転職を有利に運ぶために。薬剤師の専門性を活かす資格取得の“ススメ”