薬剤師 ジェネリックは今後広がっていくのか?

こんにちは。
本日の担当は井口です。
薬剤師さんは毎日耳にする「ジェネリック医薬品」、特許が切れた医薬品を、同じ有効成分で他の製薬会社が製造したものをそう呼びますが、今後どのように普及していくのでしょうか。

①ジェネリック医薬品のメリットとは

ジェネリック医薬品の最大のメリットは、何と言っても価格が安いということですね。

薬の成分的には以前に他の製薬メーカーが開発した、既にこの世にある医薬品である為に、新薬のように一から研究や開発に巨額の費用や時間がかかっているわけではないので、薬の価格自体をおさえることが可能になります。よって、平均的には先発医薬品の半額程度の価格で後発医薬品は患者さんに提供できるのです。

また、先発医薬品で出回っていた際に頂いた患者さんからの指摘を改善していることが多いため、”錠剤の形状が飲みにくい”や”味が苦すぎる”などの問題点も少なくなり、より服用がしやすくなっているということも挙げられます。

②ジェネリック医薬品のデメリットとは

上記のメリットに対して、マイナス面としては、安全面に対して指摘があります。
添加剤等については先発医薬品と全く同じではないということと、ジェネリック医薬品において安全性の試験というものがないため、そういった面を不安視する声もあるのが実情です。

薬はもちろん使用期限などをしっかり守る必要がありますが、特にデリケートな管理薬剤師が必要な「抗てんかん薬」や「ジギタリス製剤」等についてはジェネリック医薬品への変更に難色を示す医療機関もあるということです。

③日本においてのジェネリック医薬品の普及速度について

日本は他の先進国に比べてジェネリック医薬品の普及が遅れていると言われています。
その理由として、日本が「国民皆保険制度」の舌にあるという点が指摘されています。
他の国に比べてはるかに安い負担で高度な医療が受けられている土壌では、薬の値段についてあまり気にする患者さんが居なかったというわけです。諸外国の方々から言わせてみれば非常に贅沢な理由であります。

しかし、最近では調剤薬局に行くと、処方される薬剤にジェネリック医薬品が存在する場合には、先発または後発のどちらで処方希望かを聞かれるなど、薬局側で患者さんに情報提供をするようになってきており、患者さん自身が希望する方を処方してもらえるようになってきております。

製薬会社が行った調査結果では、ジェネリック医薬品を希望したことがある方は5割を超えている報告もあり、今やジェネリック医薬品の市場は年々増加傾向にあるようです。
上記の安全性の問題等もありますが、これから消費税増税等もあり、消費者という視点から見た場合の薬代に対する節約意識の高まりも充分予想されることを考えると、ジェネリック医薬品の今後はますます普及度を高めていくと言えるのではないでしょうか。